ニュース

国内女子グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位米山。パクセリも好スタート!

初日を悪天候で迎えたグンゼワールドレディース。雷雨で一時中断もあったがなんとか初日ラウンドを全員ホールアウトすることができた。トップは実力新人米山みどり、3アンダーで単独トップに立った。

2位には河野かおり、秋山琴美。パク・セリも期待にこたえて同じく2アンダー。これも注目の若手・不動裕理は1アンダーグループ。4日間の長丁場だけにまだまだ予断は許さないが、内容のある4日間になりそうな予感がある。昨年の優勝者L.ノイマンは出だし6オーバー88位と出遅れた。先週好調だった村口史子も81を叩いてしまった。

「中断の雨でグリーンがよく止まるようになってくれたのが良かった」と首位の米山みどり。「明日にプレーを残したくなのいで、後半は急いでプレーしました」
今日はしっかりパクセリの練習を見た。「練習の最初から最後までしっかりギャラリーしてしまいました。遠くからだと感じないんですが、近くで見ると大きい人なんですね。トップまで下半身が動かないところがすごい。球筋も低いし」

時差ボケの影響もあり、中断の後みんなが急いでプレーするので「疲れた」とパク・セリは言う。実はアマチュア競技ながら、パクは日本でゴルフをしたことがある。今回が2回目の試合。「自国でプレーしているような雰囲気でした。知り合いも多いしプレーしやすかった。久しぶりに両親にも会えて、とてもハッピーです」

関連リンク

1999年 グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~