ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯の最新ゴルフニュースをお届け

高村首位キープ。天沼も依然追走

経験を積むとこんなに強くなるものなのだろうか。8月のNEC軽井沢までは?印の若手だった25歳天沼知恵子が、同期の不動裕理とのプレーオフですっかり変身してしまった感がある。今週も初日の首位から一歩後退はしたが、そのまま崩れることもなくしっかりトップに追走している。

トーナメントをリードしているのは相変わらず高村亜紀。波風のないラウンドでイーブンプレー。下からは定番の中野 晶、そしてツアー2勝目で気を良くしている小野香子が、ボギーも出るがバーディも大量生産という攻撃ゴルフで追い込んできた。好調・平瀬真由美もしっかり好位置を守っている。狭いフェアウェイと難グリーンで大きなアンダーパーは望めないこのコース、明日最終日は1オーバーくらいまでが優勝争いの圏内だろうか。東尾理子がついに(あるいはようやく)スッキリしたゴルフをした。3アンダーの69。トータルでも3オーバーと上位に上がってきた。

<< 下に続く >>

この日の高村亜紀はほとんどスコアカード通りの1バーディ、1ボギー。「ショットがピンに絡んでいくという感じがなかったので、ひたすら2オン2パットのゴルフ。ピンチも特になかったけど、我慢の1日でした」

スタート前にも「今日我慢しながらパーを取ろう」と決めていた。「優勝したいという気持ちはありますが、あまり意識しないで普段通りのトーナメントと変わりなくやりたい。自分の中でも、特に盛り上がりのようなものはないんです」

1打や2打はたった1ホールの失敗でひっくり返ってしまう。明日もガマンしてプレーしたい、と言うが、ガマンは得意?の質問には「うーん・・・どうでしょうか・・」

天沼知恵子は2バーディ、3ボギー。18番パー5をボギーにしてしまった。「最後はもったいないと言うか、何と言うか・・3打目がしっかり打てませんでした。残り90ヤードだったんですけど」

この3日間、自分では満足している。「みなさんにお世話になってます。私は成績を出すことでしか恩返しができない。今日は緊張していたのか、前半折り返してもまだおかしくて、12~13番くらいでやっと自分のショットができるようになりました」

前回のNEC軽井沢のときは遥か下から追い上げる形だった。今回は最終日最終組。「緊張すると思います。ウェアは黄色と白と決めてます。軽井沢で負けた色は着ません」

空手2段、165センチ67キロのスポーツウーマンだが、ゲンはかなりかつぐ方という。「フェアウェイは元気よく歩く!」がモットー。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!