ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

中野、元載淑、福嶋の3人勝負に

初日の首位中野晶、同じく2位だった福嶋晃子に加えて元載淑も上がって来た。70プレーでトータル5アンダー。中野、元、福嶋の3人がトップ集団を形作り、順当なら明日はこの3人の勝負となる。

中野晶は10番11番をバーディとして一時は7アンダーまで伸びた。しかし15番パー3を3パットのボギー。下位に大きな差をつけることができなかった。

<< 下に続く >>

「3つくらい伸ばしたかったけど。全体にショットがイマイチ。パッティングもショートが多い。ラインに迷っているわけではないんですが、こうして打とうと集中しきれていない。とりえあず30センチ、50センチカップを通り過ぎさせないと・・明日は強気で打つつもりです」

福嶋晃子は2番でいきなりトラブルのダボ。4番、5番、10番と順当に取って14番で3オン2パットのホギー。16番でまたひとつ取り返した。

「2番のダボはツイてなかった。木を切った跡が手前にあって、枝との間にボールがあって、せめてボギーでは終わりたかったんですが・・。でもまだ2番だ、この先、取り戻せばいい と思ってました。でもよくあそこから(1アンダープレーまで)戻せましたね」

調子は決して安定していないという。「いい位置にいるとは思います。でもこればかりは、分からない。明日にならないと、分からないです」

元載淑は18番でボギーが出た。「惜しいパーもあったけど、拾ったパーもある。大きなミスもなく、いい流れでプレーできたと思います。18番もパーで上がりたかったですけど」

「アッコちゃんも久しぶりだし、中野さんもディフェンディングだから、私は私なりに優勝は考えず自分のゴルフをするようにしないと。自分のゴルフさえできれば、結果は結果です」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!