ニュース

国内女子住友VISA太平洋クラブレディースの最新ゴルフニュースをお届け

混戦抜け出して島袋美幸がV

大混戦を抜け出したのは島袋美幸だった。スコアを一つ伸ばしてのトータル9アンダー。同じ抜け出し組の山田かよに追いついてプレーオフにもつれこんだが、こういう展開になるとやはりベテランの味で島袋のV。1ホール目で決着をつけた。島袋はこれでツアー3勝目。93年のリゾートトラスト以来、7年ぶりの勝利となった。

安井純子とプロ入りも同期で仲がいい。去年はその安井とプレーオフ死闘を演じた末に敗退。今年は先週の東洋水産でまたまたその安井が勝利をあげた。こうなると私だって、と思わないはずがない。だから勝てるというわけでもあるまいが、符丁を併せたような仲良コンビの連続優勝となった。

最終日の島袋美幸は出だしからパーが続いた後、6番でボギー先行。7番もボギー。この時点で完全に首位グループから脱落。しかし「ボギーボギーにした後、最初の気持ちに戻ってプレーしよう、と思った。そしたら8番9番とバーディ・・」
15番ではセカンドが風に乗ってグリーン奥まで行ってしまい、寄せも4メートルのショート。しかし入れた。「あのパーパットがポイントだったと思う。よく入りました」
パーセーブした次の16番でまたバーディ。これで9アンダー。ピンチの後にチャンスがやってくる。2打リードされていた山田かよは15番でダボを叩き、9アンダーに後退。不動裕理は18番でまさかの池に入れた。「打った瞬間、アレッ?と思った。小さいんじゃないかなと。いい所にピンが切ってありますね・・」

結果的に、たまたま9アンダーがトップになってしまったという印象だ。「この7年間、優勝争いもあったけど、いつも気負い過ぎて手が動かなかった。今日は18ホール ボギーにしてもいい。最後まで行こうと思ってました。それが結果的に優勝に繋がってくれた」
ラウンドしながら「Never End」を唄っていたという。沖縄サミットのテーマ曲。歌をうたう余裕が、今日はあった。優勝の涙のあと「沖縄はアムロちゃんだけじゃないよ」と冗談もようやく飛び出した。

山田かよは15番のダボがすべてだった。「ホント、15番以外はショットもすごく良かったんですよ。14番でボードを見たら不動さんが9アンダー。ひょっとしてこのままパーで行ったら・・と考えてしまって・・。ダメですね、余計なことを考えちゃ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 住友VISA太平洋クラブレディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。