ニュース

国内女子カトキチクイーンズゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

曽秀鳳、3年ぶり通算4勝目

前日2オーバー11位からスタートした曽秀鳳が7バーディ、1ボギーの66をマークして今大会を制した。初日からトップを守っていた木村敏美は今日73とし、トータル3アンダー2位とした。

「優勝は全然意識していなかったのに。今年はまだベスト10入りがなかったので、取りあえず10位以内に入りたいと思ってプレーしていました」と、優勝した曽秀鳳。昨年は8月までの賞金が500万円ほど。今年は開幕5戦目、早めのVで一安心できた。

今日の内容は7バーディ、1ボギー。「ショットもパターも良かった」 原因は再春館レディスでの「ト阿玉さんのスウィングが右の肩を中に入れているのを見ていて自分なりに考えて変えてみたんです。」

2位とした木村敏美は2バーディ、2ボギーのパープレー。今日は「見ての通り。パットが全然入らなかった。頑張ってはいたんですけどね。その結果、曽さんが上にいたんだからしょうがないですね・・・」

前日69をマークしたディフェンディングチャンピオンの岡本綾子は今日71としたももの初日の80を挽回できずトータル4オーバー20位とした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 カトキチクイーンズゴルフトーナメント




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。