ニュース

国内女子第20回記念大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

大混戦、シード権とは無縁の宮里藍が3位に浮上

国内女子ツアー「大王製紙エリエール レディスオープン」の2日目は、上位陣がスコアを伸ばせず、混戦となった。しかし、初日単独首位の新井敬子は辛うじて1つスコアを伸ばし5アンダーで首位をキープした。

新井に追いついたのは、スコアを2つ伸ばしたシンソーラ。1打差4アンダーの3位に上がってきたのはプロ2年目となった山口裕子李知姫。そして、アマチュアの宮里藍だった。

<< 下に続く >>

山口、李は今年プロ1年目のシーズンを迎えたが、新人としては共に成長株に上げられている。フジサンケイレディスクラシックで2位に入るなど優勝にあと少しのところまで行った李。現在の賞金ランキングは16位となっている。一方、山口はSANKYOレディースで早くも初優勝を果たした。しかし、ランキングでは21位と李に差をつけられている。次代の賞金女王を狙う若手選手が最終日に逆転優勝を狙える好位置をキープした。

そして、アマチュアの宮里だが、今シーズンはプロのトーナメントに出場する機会も増え、日本女子オープンでは5位に入るなど、確実に実力をつけてきている。まだ高校生ではあるが、今の宮里ならばプロのトーナメントで優勝できるかもしれない。

また、首位から2打差の6位には福嶋晃子肥後かおりといった実力者もいる。今シーズンの後半は日本のツアーに参加してきた福嶋だが、未だに優勝がない。現在賞金ランキング31位の福嶋にとっては優勝か2位になるしか、最終戦のツアー選手権に出場できないのだ。混戦を抜け出し優勝を飾るのは誰か、注目したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 第20回記念大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!