ニュース

国内女子サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

表純子が3打差首位!堀奈津佳は4位タイ

2013/07/19 15:12

◇国内女子◇サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 初日◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6,474ヤード(パー72)

6月の「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」で7年ぶりのツアー3勝目を果たした表純子が、9アンダーをマークして単独首位に立った。前半にバーディを4つ奪った表は、後半に入ると11番から4連続バーディ。さらに、最終18番をバーディで締めくくった。「ヨネックス-」でも初日から首位を守り続けたが、今週も完全優勝を成し遂げるか。

<< 下に続く >>

3打差の6アンダー2位タイは藤田幸希と吉田弓美子の2人。5アンダー4位タイには大会ホステスプロの1人堀奈津佳笠りつ子西山ゆかり中村香織辛ヒョンジュ(韓国)、李知姫(韓国)6人が並んだ。

大会連覇を狙う木戸愛は、7番でダブルボギーをたたくなどスコアを伸ばせず1アンダーの43位タイ。今季、日本ツアー2戦目となるキム・ヒョージュ(韓国)も43位タイと静かなスタートになった。

<表が自己ベスト「63」をマークして、単独首位発進>

今年6月に行われた「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」で1勝を挙げている表純子が、9バーディ、ノーボギーの“63”をマークし、9アンダーは後続に3打差リードで首位発進を切った。

8時15分にアウトコースをティオフした表は、序盤から第2打をピン側1メートルにつけるショットでバーディを先行させると、4番では10メートルのロングパットを沈めて好調な滑り出しを見せた。この日はショット、パットともに噛み合いを見せた表は、「アプローチの必要がなかった」と言うほどパーオンを確実とし、積極的にバーディを重ねた。後半に入った11番から14番を全て沈めて、8アンダーに1打と迫った。

前回、自己ベストをマークしたのは、2004年「プロミスレディスゴルフトーナメント」最終ラウンドでマークした “64”。14番のバーディで自己ベストタイに並ぶと、「さすがに意識しましたね」と攻勢の手を緩めることはなかった。迎えた最終18番では、2メートルを渾身のパッティングでねじ込んでバーディフィニッシュとし、ベストスコアを1打更新した。

シーズン序盤から好調をキープする表。「ショットの調子がいいので、パターが入ればスコアに繋がる」と考えた表は、昨日一緒にプロアマトーナメントでラウンドした小林浩美LPGA会長からパッティングのヒントを得た。「5メートルくらいを次々と入れてくるんですよ。見ていたらストロークもいいし頭も動かない。今日はそれを見てやってみようと思いました」と奏功。この日のバーディ量産に繋げた。

先週のオープンウィークには、毎年出かけているという沖縄の渡嘉敷島に、今季1勝のご褒美旅行もかねて出かけたという表。滞在中は台風の影響で、楽しみにしていた海水浴と釣りはお預けとなってしまったが、最年長シード選手としてツアーを戦う表には、こうしたリラックスできる時間もバーディ量産の起爆剤となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント

GDO パーソナルサービス

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!