ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

森田理香子が今季2勝目!全美貞を1打差で振り切る

2013/05/26 13:58

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 最終日◇中京GC石野コース(愛知県)◇6519ヤード(パー72)

10アンダーの単独首位から出た森田理香子が、後続を振り切って今季2勝目を挙げた。前半アウトで6番(パー5)でのダブルボギーを含め2ストローク落として試合は混戦に。しかし全美貞(韓国)、上田桃子らの追い上げをかわし、後半インは9ホールすべてパーでしのぎ「74」でフィニッシュ。通算8アンダーとして開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」以来となる勝利に笑顔の花が咲いた。

1打差の2位に全。6アンダーの単独3位に堀奈津佳が入った。上田と大山志保が5アンダーの4位タイ。4アンダーの6位タイはリ・エスド(韓国)、一ノ瀬優希豊永志帆の3選手だった。

<森田、自身初の逃げ切り勝利は「苦しかった」>

今季2勝目、ツアー通算4勝目は、自身初となる逃げ切り勝利。その喜びよりも、まず森田から口についたのは「苦しかったです」という言葉だった。

「最後の最後まで、こんなに緊張したのは初めて」という18ホール。2番(パー3)でバーディ先行も、4番(パー3)のティショットを引っかけてグリーン左の深いラフへ。ロブショットは芝に食われ、寄せきれずにボギーとする。そして、2日目に今季2個目のイーグルを奪った6番パー5。再びのイーグルを奪い最短距離を狙ったティショットは、「ちょっと力が入ってしまった」と左に曲げて痛恨のOB。「あのショットが始まりでしたね」。このホールをダブルボギーとし、9番では3パットのボギー。2位に1打差に迫られ、勝負のサンデーバックナインを迎えた。

「(師事する)岡本さんからは、勝負はバックナインといつも言われている。頭の中にあったのは、それだけ」。しかし、決定的なバーディチャンスはなかなか巡ってこず、逆にパーでしのぐ展開を強いられた。11番では、1.5メートルの返しのパットをねじ込んでのパーセーブ。スコアを伸ばしたい16番(パー5)では3打目がグリーン手前のラフに捕まり、2メートルを沈めてのパーに留まった。サンデーバックナインで、確かにスコアは伸ばせなかった。だが、極度の緊張の中で9個のパーを並べられたことが今週の勝因でもあり、成長の証しでもある。「去年だったらボギーを打ったところもあったと思う。良い経験ができました」。

今季2勝目により、賞金ランキングでは佐伯三貴を抜いてトップに返り咲いた。現時点での女王争いに対しては時期尚早を口にするが、「戦っているからには一番になりたい」と、最終的な目標にはしっかりと見据えている。「まだ(最終戦まで)時間もあるし、やるとこはたくさんある。技術的に岡本さんに近づけるように頑張っているけど、それができていけば女王も夢ではないと思っています」。師匠と二人三脚で歩んでいる道筋は、確実に頂点へと向かっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。