ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

大山志保、優勝を逃して涙 「自ら崩れたことが悔しい」

愛知県にある中京GC石野コースで開催された、国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の最終日。首位に2打差でスタートした大山志保は1バーディ、4ボギーの「75」と崩れ、通算5アンダーの4イタイで終戦。自身のバースデーウィークを、2シーズンぶりの勝利で飾ることは叶わなかった。

初日にマークした「66」がベストスコア賞の対象となり、出席した表彰式は敗者にとって残酷な時間だった。森田理香子が主役の舞台で、堪えきれずに悔し涙が頬を伝う。記者会見でも涙は止まらず、しばらくは言葉にならず沈黙が続いた。

「前を見て攻めの気持ちでいけましたが、今日はダメでした。37パットではどうしようもないです」。2番、3番と4メートルのバーディチャンスは僅かにショート。続く4番(パー3)ではカラーから3パットとし、追う立場ながらボギーが先行。以降は「バーディを獲りたい気持ちが強すぎて、全部オーバーしてしまって・・・」。

2日目までは次々と繰り出していたガッツポーズは、首位に2打差で折り返したサンデーバックナインを迎えても不発。「プレッシャーも緊張もなかったけど、思うようなプレーができませんでした。その中でバーディ、バーディと思ってプレーしたけど、自ら崩れてしまったことが悔しいです」。大山を、最後まで重い空気が包んだ。(愛知県豊田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。