ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

藤田、リューが首位発進 佐伯、原が1打差につける

2013/05/09 17:07

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 初日◇ 茨城GC西コース(茨城県)◇6669ヤード(パー72)

各国のトッププレーヤーが集結した2013年の国内女子メジャー初戦が開幕。2010年の「日本女子プロゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯」を制した藤田幸希が初日4アンダーをマークして、韓国のリュー・ソヨンと並び首位タイでスタートした。

1打差の3位タイに自身の出場3試合連続勝利を狙う佐伯三貴のほか、原江里菜フェービー・ヤオ(台湾)、福田真未。10年大会覇者のモーガン・プレッセル(米国)が藤本麻子らと並び2アンダーの7位タイにつけた。

そして宮里美香吉田弓美子フォン・シャンシャン(中国)らと同じイーブンパーの19位タイに米ツアー1勝の16歳アマ、リディア・コー(ニュージーランド)が加わっている。前週「サイバーエージェントレディス」で700日ぶりの勝利をマークした横峯さくらは、大会3連覇を狙うアン・ソンジュ(韓国)らとともに1オーバーの36位タイで初日を終えた。

<藤田、風邪も好スコアをアシスト? 「すごい頑張った」>

体調は「最悪です」。開幕前日から風邪をひき、38度の熱をおして出場したプロアマ戦は何とか18ホールを回ったものの、表彰式を欠席して病院へ。「ドーピング(検査での陽性反応)が怖いから」と注射は打たず、飲み薬の服用だけで夜7時に就寝した。

今朝は36度8分まで熱は下がっていたものの、喉と関節の痛み、鼻づまりの症状が残る状態で初日をスタート。そんな体調に反して、ラウンド内容は前半から圧巻だった。「逆に力が抜けて良かったのかな」。好調が続いているショットはこの日も冴え、3番(パー5)で5メートルを決めてバーディ先行。4番ではグリーン外からチップインを決めると、5番(パー5)、6番(パー3)といずれも1メートルに絡めて4連続バーディ。その後も9番で2メートル、後半14番では5メートルを沈め、一時は6アンダー、単独首位を快走した。16番から2連続ボギーを叩きリューに並ばれはしたが、「すごい頑張ったと思う」と弱々しくも笑顔を作った。

ショットとともに、藤田の好スコアを支えたのがパットだ。「ショットの調子はダイキンから良かったけど、パットが入らないことが続いていた」というシーズン開幕からの悩み。今週水曜日の前夜祭で、「何であんなにパットが上手いんだろう」と日頃から感じ入っていたという佐伯三貴に相談。「2メートルくらいのパットが勝負だから、練習した方がいい」と説かれ、入れごろ、外しごろの距離への意識を強めた。「それを考えながら、今日も回った」。復調したパットが、ショットとようやく噛み合っての好発進となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。