ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

桃子は失速、辛が単独首位を守る

石川県にある片山津GCで行われている国内女子メジャー第2戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」の2日目、この日も晴天に恵まれて、会場には5,410人のギャラリーが詰め掛けた。

初日、4アンダー単独2位と好スタートを切った上田桃子に期待が集まったが、午後スタートのこの日は苦しいゴルフとなってしまう。1バーディ1ボギーで迎えた折り返しの18番。上田の第2打はグリーン手前のバンカーに突き刺さり、かろうじて球の一部が見えているだけという状態。この球をアンプレヤブルで処理した上田は、打ち直しの4打目でグリーンをとらえるが2パットのダブルボギー。これで流れを失った上田は、後半は4ボギーと振るわず、この日「78」。通算2オーバーの14位タイへと後退した。

首位を守ったのは、初日を5アンダーで終えた辛ヒョンジュ(韓国)。初日のフェアウェイキープ率は100%。この日も僅かに1回しかフェアウェイを外さなかったというティショットを武器に、2バーディ1ボギーと安定したプレーでスコアを伸ばし、通算6アンダーとしている。

3打差の2位に続くのは、通算3アンダーのリ・エスド(韓国)。さらに1打差で申智愛(韓国)と原江里菜の2人が続いている。また、1番で幸先良くイーグルを奪った横峯さくらは、後半スコアを落としたが、通算イーブンパーの6位タイに浮上した。宮里藍は通算3オーバーの21位タイ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。