ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

原江里菜、大会レコード更新の圧勝でツアー初優勝!

長野県にある軽井沢72ゴルフ北コースで行われている国内女子ツアー第22戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の最終日は、曇り空となり予選2日間より涼しさの感じられる中でのラウンドとなった。

2日目を終え、2位に6打差をつけて単独首位に立った原江里菜。「前の日に緊張することはあるけど1番ティで緊張したのは久しぶり」と、最終日は初優勝のプレッシャーが襲い掛かる。だが、1番をパーで切り抜けると、続く2番パー5でピン上6mからのバーディパットを沈めて、序盤で早くも流れを掴んだ。

その後も4番から3連続バーディを奪うなど、前半を終えて通算18アンダー。「良いパットが入りだしたので、スコアしか見ていなかった」という原は、後半に入っても13番で8m、16番で10mとロングパットをことごとく沈め、最終18番も1mのウィニングパットをきっちり沈めると、両手を挙げてガッツポーズ。最終日は7バーディノーボギーの「65」で回って通算21アンダーとし、2005年にポーラ・クリーマーが記録した大会レコードを更新する圧勝で、自身のツアー初優勝に花を添えた。

「本当は去年一勝したかったので、初優勝は時間が掛かったと思うけど、この瞬間をワクワクした感じで待っていたので、良かったです。両親の前で優勝できたのが何より嬉しい」という原。ホールアウト後は、同級生の有村智恵らの祝福を受け、喜びを爆発させた。

7打差の通算14アンダーで2位に入ったのは李知姫。通算12アンダーの単独3位には横峯さくらが続き、6月の「サントリーレディス」以来となるベスト10入りを果たした。ローアマチュアは、通算1アンダーで高校3年生の竹村真琴が獲得した。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。