ニュース

国内女子ニチレイPGMレディスの最新ゴルフニュースをお届け

三塚優子が首位をキープ!地元でツアー2勝目を果たすか!?

茨城県の美浦ゴルフ倶楽部で開催されている、国内女子ツアー第15戦「ニチレイPGMレディス」2日目。前日の天気予報では雨と予想されたが、雨が降ったのは少しだけ。時折、夏のような日差しが降り注ぐ不安定な天気となった。

6アンダーの単独首位からスタートした三塚優子は、1番でピン横2メートルのバーディを決めリードを広げる。前日、プロ入り後初のイーグルを奪った6番パー5は、この日も2オンを狙うが少し右に曲がりグリーン手前のバンカーへ。ところが、3打目のアプローチをしっかりと寄せバーディ。

12番パー3でこの日4つ目のバーディを奪い10アンダーまで伸ばした三塚は、2位以下に4打差をつけ独走モードになりかけたが、14番、15番で連続ボギーを叩き表情も曇りだした。悪い流れを変えたのは直後の16番だった。下り3メートルで少し右に曲がるラインを読みきりバーディを奪い、9アンダーで2日目のラウンドを終えた。2位に3打差で単独首位をキープし、ツアー2勝目を地元で挙げられるか注目だ。

6アンダー2位タイは李知姫小俣奈三香の2人。李は1オーバー36位タイからスタートし、バーディを量産。締めくくりは最終18番パー5でピン左3メートルに2オンしイーグルフィニッシュ。この日のベストスコア7アンダーの「65」をマークし、逆転優勝も狙える位置に浮上した。

さらに1打差の5アンダー4位には大山志保笠りつ子が並んでいる。大山は4バーディ、ノーボギーのゴルフで20位タイから浮上してきた。先週の試合では1打差でプレーオフ進出を逃しているだけに、今週は最終日もスコアを伸ばし大会2連覇を狙う。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ニチレイPGMレディス




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。