ニュース

国内女子ヴァーナルレディースの最新ゴルフニュースをお届け

イム・ウナが日本ツアー初優勝!福嶋は1打及ばず

福岡県にある福岡センチュリーGCで行われている国内女子ツアー第10戦「ヴァーナルレディース」最終日、単独首位からスタートした韓国のイム・ウナ(24)が、日本ツアー参戦17試合目で嬉しいツアー初優勝を飾った。

2日目を終えて通算8アンダー。2位に2打差をつけてトップからスタートしたイム・ウナ。前日は、「緊張しないようにマインドコントロールしたい」と話していたが、やはり最終日のプレッシャーからか、1番で第2打をグリーン奥にこぼすと、アプローチが今度は反対側まで出てしまう。寄せて1パットで切り抜けたものの、出だしをボギースタートとしてしまう。

3番バーディ、11番ボギーで通算7アンダーとして迎えた15番。リーダーズボードを見ると、通算6アンダーで福嶋晃子が追い上げているのが分かった。「びっくりしました」というイム・ウナは、そのホールでティショットを曲げてボギーとしてしまう。

それでも、16番パー5で2オンに成功して確実にバーディを奪うと、1打差リードで迎えた最終18番パー5。7mのバーディパットは1m程ショートしてしまう。「手がブルブル震えた」というイム・ウナだが、このウィニングパットを右カップ一杯に沈めると、右こぶしを2度3度突き上げて喜びを表した。

韓国ツアーで06年に1勝、日本ツアー参戦17試合目で早くも初勝利を挙げたイム・ウナ。「日本ツアーは選手のレベルも高いし、大きな大会も多くあるので、まずは日本ツアーで頑張りたい。今の目標は2勝目です」と、はにかんだ笑顔で話した。

通算6アンダーで単独2位の福嶋晃子は、「今日はラインが全然見えなかった。仕方ないです」と落胆の表情を見せたが、今季獲得賞金は4,458万円を越えてトップを独走。生涯獲得賞金でも、ト阿玉を抜いて、不動裕理に次ぐ2位に浮上した。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ヴァーナルレディース




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。