ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

鼻水すすりながら古閑美保が単独2位スタート

国内女子ツアー第9戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」が、東京都の東京よみうりCCで開幕。今年から公式戦、国内メジャーに昇格した大会で、初日から白熱した展開となっている。

初日首位に立ったのは、6バーディ、2ボギーの4アンダーをマークした中国のチャンナ。グリーンが固く、各選手スコアメイクに苦しむ中、安定したゴルフを見せたチャンナが実力を発揮した。1打差の3アンダー単独2位には7バーディ、4ボギーの古閑美保がつけている。

10番ホールからスタートした古閑は、中盤スコアを伸ばし5アンダーまで伸ばしたが、終盤の8番、9番で連続ボギーを叩き一歩後退してしまった。前日のプロアマ戦は、顔にブツブツが出たというほど花粉症に苦しめられたが、この日は中盤以降曇り空となった影響もあり、リタイアするほどではなかったという。それでも、ラウンド中は頻繁に鼻をかむシーンが見られた。

首位と2打差の2アンダーにはタミー・ダーディン(オーストラリア)と李知姫(韓国)。2人はトップ組から2つ目の7時43分に同じ組でスタートしスコアを伸ばしてきた。さらに1打差の1アンダーには、大会連覇を狙う全美貞(韓国)、福嶋晃子北田瑠衣など8人が並んでいる。

注目選手では、韓国の賞金女王で今季「プロギアレディス」で日本ツアーでも1勝している申智愛が、横峯さくらと並び1オーバー19位タイ。この大会で優勝し生涯獲得金額10億円突破、そしてメジャー4大会制覇を狙う不動裕理は、5オーバーの65位タイと大きく出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。