ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋が単独首位、申が2打差も上位は大混戦

国内女子ツアー第3戦の「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」が、高知県の土佐CCで開幕した。高知県で女子ゴルフトーナメントが開催されるのは初めてのこと。好天にも恵まれて会場には平日にも関わらず2,346人のギャラリーが詰め掛けた。

注目は、今大会が日本ツアー初参戦となる韓国の申智愛。横峯さくらと同組でスタートすると、1番ホールで二人のボールはピン右2mのほぼ同じ位置に。先に横峯がバーディパットを沈め、「私も決めなくちゃ」と思ったという申だが、落ち着いてこのバーディパットを沈めて、ギャラリーの期待に応えた。

昨日強く吹いた風は止んだが、コース独特の激しいアップダウンが選手達を苦しめる。申は5バーディ3ボギーの通算2アンダーで2位タイ、横峯は5バーディ4ボギーの通算1アンダーで7位タイと、それぞれ着実なスタートを切った。

初日を終え、通算4アンダーで単独首位に立ったのは福嶋晃子。出だしの1番でティショットを左に曲げて、アンプレヤブルの末に4オン2パットのダブルボギーとしたが、「まだ始まったばかりだし、焦りはなかった」という言葉通り、その後はバーディを量産。8つのバーディで出だしの躓きを取り戻した。

2位以下は混戦模様。2打差で申、原江里菜チャンナ高橋美保子キム・ソヒの5人が続き、さらに1打差に横峯さくらら7人がつけている。

申智愛
「(初めての日本ツアーは)ギャラリーが多くてびっくりしました。でも、運営もスムーズで雰囲気も良く、試合に集中出来ました。グリーンが昨日より速くなっていて、パッティングが難しかった。後半はショットが安定してきたので、あとはパターだけ上手くなれば、良いスコアが出ると思います」。

横峯さくら
「前半はディボット跡に2回入っていて、『あー、今日は運がないかな』と思いました。後半は良いショットを打ってもこぼれたりして…。途中から『簡単なパーを取ろう』と気持ちを切り換えて出来て、アンダーパーで回れたので、上出来だと思います」。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。