ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋が独走で今季2勝目、通算4度目のホステスプロ優勝を飾る!

国内女子ツアー第21戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の最終日が、長野県北佐久郡の軽井沢72ゴルフ北コース(6571ヤード/パー72)で行われた。昨年は2日目の雷雨の影響で最終日が9ホールに短縮されたが、今年は大会期間中連日好天に恵まれ、夏休み期間中のギャラリーにとっては絶好の観戦日和となった。

2位に4打差をつけて単独首位からスタートした福嶋晃子は、1番でいきなりピンチを迎える。ティショットを右の林に入れると、2打目はフェアウェイに戻すだけ。3打目でもグリーンを捉えきれずにボギースタートとしてしまう。一方、追いかけるポーラ・クリーマーはバーディチャンスにつけたものの惜しくもパー。一気に2打差に詰め寄ることは出来なかった。

しかし、ヒヤリとしたのはこの1ホールだけ。「1番のボギーは予測していました」という福嶋は、直後の2番パー5でバーディを奪うとすぐに流れを取り戻し、前半3つ、後半2つスコアを伸ばして通算17アンダーとし、2位の小俣奈三香に7打差をつける圧勝で今大会4勝目、自身通算21勝目を達成した。

「今年は何が何でも勝ちたかったので、本当に良かったです」という福嶋。最終18番、ウィニングパットにしたかった4mのバーディパットは、カップの脇をすり抜けた。「(所属する)NECの大会だし、これを沈めてでっかいリアクションをしようと思っていたのですが、いつも通りになっちゃいましたね(笑)」と、試合後の会見で白い歯を見せた。福嶋は今季2勝目。痛めていた腰もようやく復調し、今年後半の活躍も期待出来そうだ。

単独2位に入ったのは、この日「68」で回った小俣奈三香。3位タイに上田桃子三塚優子が続いた。クリーマーは最終日はスコアを伸ばせず、8アンダー5位で大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。