ニュース

国内女子クラシエ フィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

独走態勢に入った張娜を、横峯さくら、全美貞らが追う!

千葉県にある習志野CCキング・クイーンコースで行われている、国内女子ツアー第18戦「クラシエ フィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップ」の3日目。首位と3打差の3位タイからスタートした中国出身の張娜チャンナ)が通算8アンダーとし、2位以下に5打差をつけて単独首位に踊り出た。

「今日の目標は全部パーをとることでした」と話す張娜だったが、パーどころか5バーディ、ノーボギーという目標以上のラウンド。ツアー初優勝を飾った「We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント」も4日間競技だったが、この週も3日目終了時点で後続に8打差の大差をつけていた。得意の逃げ切り体勢に入った張娜が、明日の最終日にツアー2勝目を狙う。

<< 下に続く >>

その張娜を5打差で追う通算3アンダーには、ディフェンディングチャンピオンの全美貞横峯さくら、この日のベストスコアタイとなる「68」をマークして一気に浮上した有村智恵、ティミー・ダーディン(オーストラリア)の4人がグループを形成。いずれも爆発力を備えているだけに、明日の猛追が期待される。

単独首位でスタートした入江由香は、スコアを4つ落として通算2アンダーの6位タイに後退。賞金ランキングトップを走る上田桃子も、同じく6位タイの位置から今季4勝目を狙う。また、不動裕理は通算2オーバーの20位タイ、大山志保は通算6オーバーの38位タイ。アマチュアで唯一予選を通過している横山恭子は、通算4オーバーの27位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 クラシエ フィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!