ニュース

国内女子ベルーナレディースカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

アマチュアの金田久美子が「63」の9アンダーで単独首位!!

国内女子ツアー第15戦「ベルーナレディースカップゴルフトーナメント」が、群馬県にある小幡郷GCで開幕した。初日は雨の予報は逃れ、最終組がホールアウトしたころ降りだしたが、選手たちのラウンド中は、蒸し暑さが充満した。

初日首位に立ったのはアマチュアの金田久美子。1番ホールからスタートした金田は、前半から4バーディを奪い快調にスコアを伸ばした。後半に入ってからは11番から3連続バーディ。さらに17番、18番の上がり2ホールを連続バーディフィニッシュ。9アンダー「63」というスコアを叩き出した。

<< 下に続く >>

「自己ベスト更新です!」前半を4アンダーで折り返し、後半はボギーを叩かないように心がけたという金田だが、ショットの調子が良く、このビッグスコアに結びつけた。「このスコアはなかなか出るものではないので、今週は優勝を狙いたい」。男子ツアーで優勝し一躍時の人となった石川遼の話題になると「私もあーなりたい!」と目を輝かせた。

金田を3打差で追うのは、「We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント」でツアー初優勝を果たした中国の張娜チャンナ)と石井真由美の2人。石井は10番でボギーを叩いたが、バーディ7つを量産。張娜は首位の金田同様ノーボギーと安定していた。

今週は「全米女子オープン」が開催されているため、横峯さくら大山志保、現在賞金ランクTOPをひた走る全美貞が不在。さらに、連戦の疲れを取るためか、上田桃子なども出場を見合わせている。今週出場している選手は、だれもが優勝のチャンスを伺っている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ベルーナレディースカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!