ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

耐えるゴルフで4アンダーをキープした服部が単独首位に浮上!

千葉県の千葉廣済堂CCで開催されている、国内女子ツアー「廣済堂レディスゴルフカップ」は朝から雨が降り続く悪コンディションになった。この日スコアを伸ばしたのは、7人だけ、99人の選手がイーブン、もしくはスコアを崩す結果となった。

初日5アンダーで単独首位に立った米山みどりも4ストローク落とし1アンダー単独2位に後退してしまった。前半4番、7番ホールでバーディを奪い7亜dなーまで伸ばした米山だが、9番でボギーを叩くとリズムを崩してしまった。

<< 下に続く >>

10番ホールでもボギーを叩いた米山は、11番ホールではトリプルボギーを叩いてしまった。右再度の斜面か放った2打目はシャンクし、木の下へ。さらにバンカーからの4打目はグリーンを大きくオーバーするホームラン。ミスが続き5オン、2パットという内容だった。

米山に代わって首位に浮上したのは、好調の服部道子だった。スタートホールでボギーを叩いた服部だが、すぐにバーディを奪いスコアをキープ。終盤もバーディを奪いスタート時の4アンダーでフィニッシュした。2位の米山に3打差をつけて最終日を迎えることになった。

アンダーパーはこの2人だが、イーブンパ-には6人の選手が固まっている。韓国の高又順と具玉姫、台湾の魏ユンジェなど、実力ある選手と並び、この日のベストスコアで唯一60台でラウンドした本山裕子が、59位から急浮上してきた。

通常は、このイーブンパーくらいまでが優勝チャンスというが、昨年藤野オリエが11打差の逆転という記録を作っているだけに、どこから選手が現れるのか想像もつかない。首位の服部も安心できるリードではなさそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!