ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

F.シャンシャンが首位スタート!木戸、宮里らが追走

◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 初日◇横浜カントリークラブ 西コース(神奈川県)◇6545ヤード(パー72)

毎年過酷なセッティングが選手を苦しめる女子オープンがいよいよ開幕。その初日は今季海外メジャーの「ウェグマンズLPGA選手権」を制したフォン・シャンシャン(中国)が4アンダーをマークして単独首位に立った。

<< 下に続く >>

首位のシャンシャンを2打差で追うのは木戸愛金ナリ(韓国)の2人。さらに1打差の1アンダー4位タイには不動裕理カン・スーヨン(韓国)が続いている。アンダーパーをマークしたのは以上5名と例年通り過酷な戦いになっている。

イーブンパーの6位タイには宮里藍宮里美香上田桃子といった米ツアーを主戦場とする3人が並び、森田理香子上原彩子テレサ・ルー(台湾)の3人も6位タイにつけた。

その他注目選手では、国内で今季3勝を挙げている有村智恵が、大会連覇を狙う馬場ゆかりと並び4オーバー34位タイ。横峯さくらは7オーバー70位タイ。今年の「全英リコー女子オープン」を制した申智愛(韓国)は9オーバー85位タイと大きく出遅れてしまった。

<フォン、好調なショットでメジャーセッティングを攻略>
序盤から一気に抜け出した。11番(パー3)で1m強につけてバーディ先行、続く12番も1mに絡め、しのぎ合う展開の中で早々に2アンダーのアドバンテージを奪う。前半から流れを築き、2位に2打差、頭1つ抜け出す会心のラウンドに繋げた。

「このコースは難しいし風が強かったけど、ボギーを最後(9番)だけに抑えられて満足です」。風速5mを超える強い風がメジャーセッティングの難度を一層上げる中、安定した内容を支えたのが好調なショットだ。「全英まではあまり調子が良くなかったけど、全英でコーチに調整してもらい、日本に来てから少しずつ手応えを感じてきた」と、風の影響を受けやすい中でフェアウェイを外したのは僅かに3回のみ。狭く絞られたターゲットを、的確に捕らえていった。

中華街のある横浜市が舞台であることもフォンにとっては好材料。一昨日は中華街に足を運び、「中国よりも美味しいところがある。4日間競技だから、よく食べないといけませんからね」と満面の笑顔を見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!