ニュース

国内女子リゾートトラストレディスの最新ゴルフニュースをお届け

初日はサスペンデッド…全美貞が暫定首位、堀ら3選手が1差

◇国内女子◇リゾートトラストレディス初日◇グランディ軽井沢GC(長野県)◇6506ヤード(パー72)

大会初日は雷による悪天候のため午後2時18分に競技が中断。そのまま日没サスペンデッドとなり、ホールアウトしたのは42人(出場108人)にとどまった。14ホールを消化した全美貞(韓国)が6アンダーの暫定単独首位。ツアー初勝利を狙う井芹美保子堀奈津佳が「67」でホールアウトし5アンダー。5ホールを残した李知姫(韓国)とともに暫定2位タイにつけた。

4アンダーの暫定5位タイに馬場ゆかり森田理香子宋ボベ(韓国)ら5選手。大会連覇での今季初優勝を狙う横峯さくらは13ホールを終え、1アンダー暫定33位タイとなっている。

大会2日目の2日(土)は午前7時30分から第1ラウンドの未消化分を再開。その後、組替えは行わず、午前8時から順次第2ラウンドを開始する。

<19歳の堀、中断前に18ホールを完走し暫定2位>
トップスタートから3組目の午前8時20分にティオフした堀が、雷雲接近による中断を前に18ホールを完走。6バーディ、1ボギー、自己ベストの「67」をマークし、首位に1打差の5アンダー暫定2位タイと好スタートを切った。

「ショットもパットもすごく良くて、噛み合ってくれたのがこのスコアに繋がったと思います」と会心のプレーを振り返る。先月出場した2部ツアー「エディオンカップ」で優勝し、昨年のプロテスト合格から早々にプロ初タイトルを獲得。植え付けた自信はメンタル面の成長をも促し、「悪くなるとイライラすることもあったけど、今は良い方向に進んでいると思う。今日1日、最後まで目の前の1打に集中できました」と充実の表情を浮かべる。

その言葉は、この日のラウンドに如実に現れていた。序盤の3番(パー5)でバーディを先行させるが、直後の4番ではカラーから3パットのボギー。「なかなか流れを掴めなかったけど、頑張っていれば良いことがあるかな」と冷静さを保ち続け、7番(パー3)のチップインバーディで一気に流れを呼び込んだ。9番で1m、11番と14番のパー5でも3m、1mにつけてスコアを伸ばすと、17番では残り107ヤードの2打目を40センチに絡めるスーパーショット。開幕戦を制した斉藤愛璃、先週優勝争いを演じた青木瀬令奈とは同期にあたり、「私も負けないように頑張りたい」。今シーズン、大きな存在感を見せる“83期生”が熱い。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 リゾートトラストレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。