ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

宮里美香、不動、恒川が首位発進! 藍はやや出遅れ

国内女子ツアーの第20戦「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」が9月23日(金)、宮城県の利府ゴルフ倶楽部で開幕。宮里美香不動裕理恒川智会の3人が、4アンダーで首位に並ぶ好スタートを切った。

3アンダーの4位タイに李知姫(韓国)と大山志保。2アンダーの6位タイに前年覇者のイム・ウナのほか、藤本麻子木戸愛金田久美子諸見里しのぶら10人が続く混戦模様となっている。2週連続優勝がかかる服部真夕は1アンダーの16位タイ。宮里藍横峯さくら有村智恵は1オーバーの40位タイとやや出遅れた。

宮里美香、耐えて首位発進>
ホールアウトした宮里美香は、会見場に現れると「後半は本当に疲れました」と第一声。前半は2番からの3連続を含む4バーディを奪って折り返したが、後半に入るとバーディラッシュはぴたりと止まり、耐えて耐えての苦しいゴルフ。それでも、14番で3mのパーパットを決めるなど、粘りのゴルフで首位を守った。

「後半はドライバーがいつもに比べて安定しなかった。正直もうちょっといけたと思うけど、初日ノーボギーは良いスタートが切れたと思います」。通算4アンダーは3人が並ぶ首位発進。「あと2日間、良いプレーが見せられるように頑張っていきたいです」と、日本のファンに、宮里美香のプレーを印象づけたい。

<不動、恒川も共にノーボギーで首位に並ぶ>
宮里と並んで首位に立つ不動、恒川も共にノーボギーでのラウンド。「せっかくノーボギーで来ているので、最後まで行きたい」と思ったという不動は、全部ピンチだったという上がり数ホールをパーで乗り切り、「冴えていたと思います」とほほ笑んだ。

一方の恒川は、先週の試合で攻めるパッティングができなかったと反省し、今週は「しっかり打とう」と心に決めた。すると、「長いのも届くから入ってくれた」と、この日の4バーディに繋がったという。

<東北高校出身の木戸愛が6位タイ、藍は40位と出遅れる>
宮城・東北にゆかりのある選手は今大会に掛ける意気込みはひとしおだ。東北高校で3年間を過ごした木戸愛も例外ではない。この日は8番で3パットのボギー先行としたものの、14番以降に3つのバーディを取り返し、最終18番でもバンカーから2mに寄せてのパーセーブ。通算2アンダーの6位タイでホールアウトし、「強い気持ちでスタートして、最後の最後まで切らさず戦えたと思う」と、納得の表情で振り返った。

5年ぶりの今大会出場となる宮里藍は、2バーディ3ボギーの「73」。「グリーン上でかなり苦戦してしまった」と、悪天候で練習ラウンドができなかったこともたたり、通算1オーバーの40位タイと出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。