ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大場が猛チャージ!30位から首位へ浮上 宮里は沈黙

宮城県にある利府GCで開催されている、国内女子ツアー第22戦「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」の2日目。雷雨のためスタート時間が1時間15分遅れたが、無事全員が予選ラウンドを終了した。

大会初日にコースレコード「65」をたたきだしたサマンサ・ヘッド(英国)が、この日スコアに伸び悩む中、大場美智恵と山岸陽子が追い上げを図り、首位を走るヘッドに並んできた。

大場は出だしの1番こそボギーを叩いたが、その後はバーディラッシュ。8バーディ1ボギーでラウンドし、コースレコードタイとなる「65」をマークして通算8アンダー、30位タイからゴボウ抜きで首位タイに浮上した。一方、初日2位の好スタートを切った山岸は、最終組でのラウンド。前半調子が出なかったものの徐々に良くなりスコア「69」をマーク。ヘッド、大場と並び通算8アンダーで首位に踊り出た。

また、首位を1打差を追うのは高又順。3バーディ1ボギーの堅実なプレーで首位をピッタリマークした。そして2打差の5位タイには、若手の古閑美保佐々木慶子が追走。3打差の7位には女王不動裕理がジワリジワリと追い上げており、強豪勢が虎視眈々と上位を狙っている。

そのほか連覇のかかっている宮里藍は、ボギーが先行する苦しい展開。最終18番でバーディを奪うも、スタート時と変わらず2アンダーの21位タイでホールアウト。首位と6打差の位置から明日逆転優勝を狙う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。