ニュース

国内女子シャトレーゼクィーンズカップの最新ゴルフニュースをお届け

唯一のアンダーを叩き出した福嶋晃子が単独首位!

国内女子ツアー第13戦「シャトレーゼクィーンズカップ」が、北海道夕張郡にあるシャトレーゼカントリー倶楽部札幌で開幕した。大会初日、各選手スコアメイクに苦しむ中、唯一アンダーパーを叩き出した福嶋晃子が単独首位に立った。

福嶋は前半の8番、9番でバーディを奪って、2つスコアを伸ばす。後半は2バーディ2ボギーでまとめ、2アンダーで初日を終えた。現在、米国から日本に戻り、江連忠の下でスウィング改造中の福嶋。この大会で復活の狼煙をあげることができるのか2日目以降の活躍に期待したい。

<< 下に続く >>

また、1オーバーの2位グループには、藤井かすみ米山みどりが並んでいる。米山は前半2アンダーまでスコアを伸ばしたが、後半3つのボギーを叩きオーバーパーに後退した。また藤井は、12番でダブルボギーを叩くなど出入りの激しい展開となるが、初日を1オーバーでしのぎ2位につけた。

そのほか、先週は風邪のため欠場した宮里藍が、今週からトーナメントに復帰。だが、バーディが取れない我慢のゴルフが続き、6オーバー35位タイからのスタートを切っている。また、宮里のライバルであるアマチュアの横峯さくらは、17番パー3でホールインワンを達成するもスコアをまとめることができず、宮里と同じく35位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 シャトレーゼクィーンズカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!