ニュース

国内女子ベルーナレディースカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

初優勝を狙う選手が上位を独占 三井美智子が単独首位に立つ

群馬県甘楽郡の小幡郷ゴルフ倶楽部で行われている、国内女子ツアー第12戦「ベルーナレディースカップゴルフトーナメント」の2日目。この日、プロ4年目の三井美智子がベストスコアタイとなる「67」をマークするすばらしいゴルフを披露した。

2アンダーの6位タイからスタートした三井は、3連続バーディを奪うなど前半で3つスコアを伸ばした。後半に入っても勢いは止まらず、さらに2つスコアを伸ばしてホールアウト。通算7アンダーで単独首位に立った三井がツアー初優勝を狙う。

<< 下に続く >>

1打差の2位につけたのは、こちらもツアー初優勝を狙う表純子と安谷屋美花の2人。表は3連続バーディを奪うなど、前半でスコアを伸ばしてこの日「68」をマークした。また、安谷屋はなかなかバーディが奪えず我慢のゴルフが続いたが、後半でようやく波に乗りスコアを2つ伸ばしてこの日を終えた。

一方、初日首位に立っていた坂東貴代はスコアを伸ばせず、5位タイに後退。そしてもう一人、西川みさとは1つスコアを落として10位タイに転落した。そのほか、2アンダーの6位タイにつけていた福嶋晃子服部道子は、ともにスコアを伸ばすことができず、17位タイに低迷している。

明日の最終組は、三井、表、安谷屋の3人。この中で、悲願の初優勝を達成する者が現れるのか注目したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ベルーナレディースカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!