ニュース

国内女子アピタ・サークルK・サンクスレディスの最新ゴルフニュースをお届け

宮里が快進撃を見せ今季3勝目に王手!

岐阜県にあるユーグリーン中津川GC で行われている国内女子ツアー第10戦「アピタ・サークルK・サンクスレディス」の2日目。6月19日は、宮里藍にとって19歳の誕生日だったが、自分の記念日に花を添えるすばらしいゴルフを見せた。

首位とは1打差の3アンダーからスタートした宮里は、出だしの1番パー4の2打目をカップにかすめるスーパーショットを披露。このホールをバーディとし、幸先の良いスタートを切った。また、7番パー5では、グリーン周りからの3打目を直接カップに入れチップインイーグル。宮里にとってこのイーグルは、プロに転向してから初のイーグルとなった。その後11番までで2つのバーディを奪い、一時は8アンダーまで伸ばすも、13番と16番でボギーを叩いてしまい通算6アンダーでホールアウト。初日首位だった中島千尋に代わり単独首位に踊り出た。最終日このまま逃げ切って、2週連続優勝を達成できるのか。

<< 下に続く >>

また、宮里を1打差で追う2位には、昨年の覇者である魏ユンジェがつけている。魏は、初日1オーバーの40位と出遅れていたが、6バーディノーボギーの完璧なゴルフで猛チャージ。この日のベストスコア「66」をたたき出して2位に急浮上した。大会連覇に向けて最終日逆転優勝を狙う。

そのほか優勝候補の不動裕理は、5つのバーディを奪いアグレッシブなゴルフを展開するも、3つのボギーが響き通算3アンダーの4位タイどまり。首位と3打差で最終日を迎える不動だが、女王の意地を見せ、宮里の2週連続優勝を阻止することができるのか注目したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 アピタ・サークルK・サンクスレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!