ニュース

国内女子サロンパスワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

3アンダー3位のウェブが、横峯、宮里に一歩リード

国内女子ツアー第6戦「サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント」が、、東京都の東京よみうりカントリークラブで開幕。初日首位に立ったのは5アンダーをマークした大山志保。1打差の4アンダー単独2位に片山晋呉の妹、真里。そして3アンダー単独3位にカリー・ウェブがつけている。

2000年、01年に大会連覇を果たしたカリー・ウェブが、宮里藍横峯さくらと同じ組でラウンドすることもあり、初日から1万404人に及ぶ大ギャラリー(1988年以降のツアー施行後最高の記録)が会場に詰め掛けた。その中で宮里はオレンジ色のシャツ。横峯は水色のベストを着用。そしてウェブは白いシャツにピンクのショートパンツと鮮やかな色合いが登場した。

10番ホールのインコースからスタートした前半は、ウェブがいきなりダブルボギーを叩くなどショット、パットともに精彩を欠き1オーバー。宮里と横峯は1アンダーで折り返した。横峯は17番パー5でピン手前2メートルに2オンさせイーグルを奪った。また、3人ともティショットは安定していたため、ギャラリーはドライバーの飛距離対決も楽しんだ。平均すると横峯が10ヤード程度先を行き、宮里とウェブは殆ど同じような距離を飛ばしていた。

後半に入ると宮里はスコアを1つ落とし、横峯は1アンダーをキープするのがやっと。逆にウェブが4番パー5から3連続バーディを奪うなどスコアを伸ばした。初日を終えてウェブの3アンダー3位に対し、横峯は1アンダー13位。宮里はイーブンパーの22位。今週は4日間の長丁場のため、明日以降のスコア次第では宮里にも優勝のチャンスは充分にある。

2アンダー4位グループには先週の「カトキチクイーンズゴルフトーナメント」で最終日を首位で迎えながら優勝を逃した古閑美保や、三井美智子、西川みさとなど9人が並ぶ混戦となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。