ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

実力者の不動、福嶋が首位発進!注目の宮里、横峯は・・・

国内女子ツアー第4戦「フジサンケイレディスクラシック」が、静岡県の川奈ホテルGC富士コースで開幕した。選手達は起伏の激しいコースで体力を消耗、さらに上空は風が回っており飛距離、方向のジャッジが難しいコンディションの中で行われた。

この難コースを初日2アンダーで周ったのは、5連続賞金女王の不動裕理と米国女子ツアー優勝経験のある福嶋晃子の実力者2人。同じ組でラウンドした不動と福嶋。不動は持ち前の安定したショットでスコアを伸ばし、4バーディ2ボギーの内容で初日を終えた。また、福嶋晃子も16番から3連続バーディを奪って不動と並んだ。

また、1アンダーの3位タイには、藤井かすみ、アマチュアの青山加織など5人並んでいる。藤井は出だしこそボギーが先行したが、中盤で5つのバーディを奪い、一気に3アンダーまで伸ばしたが、終盤17、18番で連続ボギーとしてしまった。青山は、この日出入りの激しい展開となるも1アンダーでまとめ、ローアマチュアに向けて幸先の良いスタートを切っている。

一方、注目の宮里藍は、この日16番パー5でのバーディ1つだけと苦しい展開が続き、3オーバーの22位タイ。先週「ライフカードレディス」で初優勝を飾り勢いに乗る横峯さくらは、7番パー4でダブルパーの「8」を叩いてしまうも、なんとか2オーバーの13位タイに踏みとどまった。

そのほかアマチュアの中で最も注目を集める諸見里しのぶは、アプローチ、パットとショートゲームに苦しみ、5オーバーの43位タイと出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。