ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

李知姫が今季初勝利! 宮里藍は4位に沈む

長野県にある軽井沢72G北コースで開催されている、国内女子ツアー第19戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の最終日。午前中は薄日が差す程度だったが、午後からは晴れ間ものぞき、30度に迫る暑さの中で熱戦が繰り広げられた。

宮里藍ニッキー・キャンベル(オーストラリア)、李知姫(韓国)の最終組に、ホステスプロの福嶋晃子を加えた4人による熾烈な優勝争い。3打差を追ってスタートした福嶋は、1番から3連続バーディを奪って一気に優勝戦線に加わった。

後半はスコアの伸ばし合いとなったが、まず宮里が「バーディとボギーがセットになってしまい、いけそうでいけなかった」と伸び悩んで後退。その後、福嶋が17番、キャンベルが16番で痛恨のボギー。最終的にこの日5バーディ、ノーボギー、通算13アンダーまで伸ばした李知姫が逆転勝利を飾った。李知姫は、3日間を通じてノーボギー。持ち味の安定感を最後まで崩さず、「早く優勝したかった」という念願の今季初勝利を手にした。

通算11アンダーの2位タイに、終盤のボギーが悔やまれる福嶋とキャンベル。通算8アンダーの単独4位に宮里藍、通算7アンダーの単独5位に甲田良美有村智恵は通算6アンダーの6位タイに終わり、大会連覇を逃す結果に。横峯さくらは通算5アンダーの8位タイ、上田桃子は通算2オーバーの37位タイで終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。