ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

さくらとしのぶのデッドヒート、大山3位、宮里8位

宮崎県の宮崎カントリークラブで行われている国内女子ゴルフツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップ」3日目。この日も朝から雨が降り続くあいにくの天気となったが、会場には4千人を超えるギャラリーが詰めかけ、スタートの1番ティから悪条件をものともせずにプレイする選手たちに、熱い声援を送っていた。

最終組は、4アンダーの横峯さくらと、3アンダーの諸見里しのぶという若い2人。横峯はスタートの1番ホールで3パットのボギーを叩いてしまうが、直後の2番で20メートル近いロングパットを沈めてすぐに取り返すと、3番、4番と3連続でバーディを奪う。一方の諸見里も、2番でバーディを奪うと、3番ではグリーン手前30ヤードからチップインバーディ。こちらも3連続バーディでスコアを伸ばした。

<< 下に続く >>

結局、この日「70」で回った横峯と、「69」で回った諸見里がともに通算6アンダーで首位に並んだ。「もったいない部分もあったけど、この条件をアンダーパーで回れたから、まあ良しかな」という横峯と、「前半伸ばせてラッキーだったけど、後半伸ばせなかったのが残念」という諸見里。ともに、最終組で初のメジャータイトル獲得に挑戦する。

その2人に3打差で迫るのは、新賞金女王の大山志保だ。この日3バーディノーボギーとスコアを伸ばした大山は、通算3アンダーで首位と3打差の好位置につけている。「条件が悪い方が、自分がちょっと頑張れば追いつけそうなので、好きです」と明日の雨も大歓迎。地元の声援も味方につけ、得意の追い上げで逆転優勝を狙う。

なお、宮里藍は3バーディ2ボギーと1つスコアを伸ばしたものの、首位と7打差の8位と苦戦を強いられている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!