ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

横峯が単独首位 宮里は6打差の6位タイに後退

宮崎県の宮崎カントリークラブで行われている国内女子ゴルフツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップ」は、24日、前日雨の為中断した第1ラウンドの残りと、この日の第2ラウンドを行った。

第1ラウンドを終え首位に立ったのは、3アンダーの諸見里しのぶ。2位にはイーブンパーで宮里藍が続き、1オーバーで大山、横峯さくらら6人が追いかける。20分のインターバールを終え、すぐに始まった第2ラウンド。このラウンドでは、横峯が5バーディノーボギーと好調なゴルフを見せ、通算4アンダーで単独首位に浮上した。諸見里はスコアを伸ばせず3アンダーのまま2位をキープ。1アンダーで大山、李の2人が続いた。宮里は74とスコアを伸ばせず、2オーバーの6位タイに後退している。

再開ホールの5番で3mの難しいパーパットを沈めた横峯が、そのままの良い流れで1日を乗り切った。スタート前の練習グリーンで、あえてその距離は練習しなかったという横峯は、「だって、それで外したら悔しいじゃないですか」と笑顔を見せた。第2ラウンド開始前、5番アイアンを抜いて2本目のドライバーを入れた。「やっぱり距離が欲しかったので。父と同意見でした」。得意の二刀流で、初のメジャータイトル獲得に近づいた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!