ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

天沼知恵子が単独トップを守る。大山志保はスコアを伸ばせなかったが単独2位

千葉県の千葉廣済堂カントリー倶楽部で開催されている、国内女子ツアー第11戦「廣済堂レディスゴルフカップ」の2日目。6アンダー単独トップからスタートした天沼知恵子が、通算7アンダーで首位を守った。

ボギー発進し苦しい滑り出しとなった天沼は、4番でバーディを奪い前半はイーブンパーで折り返した。結局この日1つスコアを伸ばした天沼。他の上位陣がスコアメイクに苦しむ中、2位に3打差をつけ、単独トップを守り完全優勝に王手をかけた。

トップと1打差の単独2位でスタートした大山志保。序盤で首位に立ったが、その後スコアを伸ばすことができなかった。それでも単独での2位を守り、明日の最終日に3打差逆転への望みを繋ぐ。

単独の3位には、3ストローク伸ばした古閑美保が、通算3アンダーで追走。4位タイには、飯島茜が浮上してきており、通算2アンダーとしている。一方、この日最終組で周った注目の上田桃子だったが、スコアを伸ばすことが出来ず、通算2オーバー、25位タイまで順位を落とした。また、女王不動裕理は、通算1アンダーの7位タイグループにつけ、2日目を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!