ニュース

国内女子カトキチクイーンズゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プロ入り7年目の中田美枝、親子で掴んだ涙の初優勝!

香川県にある屋島CCで開催されている国内女子ツアー第6戦「カトキチクイーンズゴルフトーナメント」の最終日。単独3位からスタートした中田美枝が、通算10アンダーまでスコアを伸ばし、参戦7年目でツアー初優勝を飾った。

首位に1打差の3位でスタートした中田は、キャディである父のアドバイスを受けながら、この日も中田はスコアを伸ばしていった。出だしの1番も含めて、前半で4つのバーディを奪取。後半に入ってからは、パーを拾う粘りのゴルフで、後続を2打差で振り切っている。

父と二人三脚で歩んできた、プロゴルファーとしての道程は決して平坦ではなかった。3年前に優勝争いを演じて2位に入賞した直後、父が倒れるハプニングもあった。すべてを乗り越えての勝利……中田の目には涙が滲んでいた。

通算8アンダーの単独2位には、ペ・ジェヒ(韓国)が入り、通算6アンダーの3位タイに、森山江理子、米山みどり福嶋晃子の3人が入賞している。

女王、不動裕理は5バーディ、2ボギーとスコアを3つ伸ばしたものの、通算5アンダーの6位タイ。注目の横峯さくらも、5バーディ、5ボギーと出入りの激しい内容となり、スコアを伸ばせず通算3アンダーの10位タイでフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 カトキチクイーンズゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。