ニュース

国内男子バナH杯KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

飯合、伊澤など4人が首位! 石川は37位タイスタート

国内男子ツアー第12戦「バナH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」が、福岡県にある芥屋ゴルフ倶楽部で開幕した。前日のプロアマ大会が雨のため9ホールに短縮になったが、その雨は降り止むことなく初日のラウンド中は時折強くなった。

この日多くのギャラリーが付いていたのは、ディフェンディングチャンピオンの宮本勝昌とツアー2試合連続優勝を狙う谷口拓也、そして先週の「関西オープン」でプロ初優勝を果たした石川遼の組み合わせ。その1つ後の、伊澤利光藤田寛之小田孔明といった地元福岡県出身3人の組も大きな声援を受けていた。

石川は8時24分に10番ホールからスタート。10番をチップインパーで凌ぐと、その後もパーを積み重ねた。スコアが動いたのは15番から。ティショットでフェアウェイをキープすると2打目でピン手前1.5メートルに乗せバーディ。しかし、16番、17番では短いパーパットを外し1オーバーに後退し、そのままホールアウトした。

石川組が最終9番のセカンド地点に着いたときに、中断を知らせるホーンが鳴った。降り続ける雨の影響でグリーン上に水溜りが数箇所で発生したためだった。石川組はこのホールのプレーに入っているので、中断せずホールアウトしたが、後続の伊澤組は12時32分から12時57分まで25分間、9番のティグラウンドで待たされることになった。

最終9番、伊澤は1メートルのバーディパットを外したが、この日8バーディ、2ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフながら4アンダー首位タイ。同じく首位には9番パー5でイーグルを奪ったベテランの飯合肇立山光広。さらに4バーディ、ノーボギーと安定したゴルフをした井上信の4人。1打差の3アンダー5位タイには、ツアー初優勝を狙う甲斐慎太郎のほか、星野英正篠崎紀夫の3人が並んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 バナH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。