ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

首位は金谷拓実と幡地隆寛 木下稜介は薄氷の予選通過

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(12日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

1打差4位から出たツアー3勝の金谷拓実が3バーディ、1ボギーの「68」で回り、首位発進した幡地隆寛と並んで通算4アンダーのトップに浮上した。2019年にアマチュア優勝を遂げた大会を好位置で折り返した。

<< 下に続く >>

タフなコンディションでのガマン大会にあって、2日間36ホールでスコアを落としたのは初日6番(ダブルボギー)とこの日の17番(ボギー)の2ホールだけ。「難しい中でスコアを落とすホールが少ないのは良いこと」とうなずくように、パーキープ率94.44%でフィールド1位と鉄壁のディフェンスがスコアメークを支えている。

アマとプロで同一大会制覇となれば、1973年のツアー制以降では「中四国オープン」の倉本昌弘、本大会の松山英樹に続く3人目の快挙。「やることは変わらない。残り2日、ベストを尽くして優勝したい」と静かに闘志を燃やした。

首位を1打追う通算3アンダー3位には比嘉一貴谷原秀人。さらに1打後ろの通算2アンダー5位に今季下部ツアー賞金王の久常涼ディラン・ペリー(オーストラリア)、時松隆光、アマチュアの杉原大河(東北福祉大4年)が続いた。

2020年大会覇者の香妻陣一朗は通算3オーバー24位。直近2季で賞金王を戴冠した今平周吾は通算6オーバー50位。

賞金ランキング1位の木下稜介は出だしからダブルボギーを先行するなどスコアを落としたが最終18番(パー5)でバーディを奪取し、カットライン上の通算7オーバー58位でホールアウト。薄氷を踏む予選通過となった。

<上位陣の順位>
1T/-4/幡地隆寛金谷拓実
3T/-3/比嘉一貴谷原秀人
5T/-2/久常涼ディラン・ペリー時松隆光杉原大河(アマ)
9T/-1/堀川未来夢片山晋呉竹谷佳孝チョ・ミンギュ米澤蓮(アマ)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!