ニュース

国内男子ゴルフパートナー PRO-AMトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大槻智春が単独首位 石川遼「63」で3位浮上

◇国内男子◇ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント 2日目(21日)◇取手国際GC(茨城県)◇東コース6804yd、西コース6531yd(ともにパー70)

国内ツアー初のプロとアマチュアが同組で回るプロアマ形式の大会は、大槻智春が単独首位に浮上して週末を迎える。前日西コースでツアー自己ベストの「60」を出した勢いのまま、東コースでも7バーディ、1ボギーの「64」。通算16アンダーで後続に4打差をつけた。

<< 下に続く >>

大槻と並ぶトップタイから出たショーン・ノリス(南アフリカ)が12アンダー2位。石川遼は東コースでこの日のベストスコアとなる「63」。出だし1番のボギーの後に8バーディを奪い返して通算11アンダーとし、内藤寛太郎亀代順哉とともに3位につけた。

トッド・ペクが10アンダー6位。比嘉一貴ジャン・ドンキュ(韓国)、アンジェロ・キュー(フィリピン)が9アンダー7位。

非公式の2日間競技で行われた昨年大会を制した関藤直熙は西コースで「63」を出し、トータル7アンダー18位まで順位を上げた。

決勝ラウンドは全選手が東コースをプレーする。

<上位成績>
1/-16/大槻智春(東)
2/-12/ショーン・ノリス(東)
3T/-11/石川遼(東)、内藤寛太郎(東)、亀代順哉(西)
6/-10/トッド・ペク(東)
7T/-9/比嘉一貴(東)、ジャン・ドンキュ(西)、アンジェロ・キュー(西)
10T/-8/市原弘大(東)、梅山知宏(東)、大西魁斗(東)、小田孔明(西)、ソン・ヨンハン(西) ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!