ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/20〜05/23 場所:キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース(サウスカロライナ州)

スロープレーでペナルティ 男子メジャーで8年ぶり

◇メジャー第4戦◇全米プロゴルフ選手権 初日(20日)◇キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース (サウスカロライナ州)◇7876yd(パー72)

特別推薦で出場の米国のジョン・キャトリンがスロープレーによりペナルティを受けた。前半16番(パー5)で2打目に74秒をかけて競技委員に警告され、後半3番の2打目では63秒かかったとして1罰打を受け、同ホールをボギーとした。全米プロゴルフ協会(PGAオブ・アメリカ)が主催する大会の競技委員会が発表した。

<< 下に続く >>

ゴルフ規則(5.6b/速やかなプレーのペース)では「プレーヤーがプレーする順番になったときは:障害や気を散らすものがなく、プレーできるようになった後、40秒以内にストロークを行うことを推奨する。そして、プレーヤーは通常、推奨されている時間より速くプレーすることができるはずであり、そうするべきである」と定めている。

男子メジャーでスロープレーによる罰打は2013年「マスターズ」で当時14歳だったグァン・ティンラン(中国)、同年「全英オープン」の松山英樹以来8年ぶり。キャトリンは昨年の欧州ツアーで2勝、今季も4月に「オーストリアオープン」で優勝した30歳。第1ラウンドを「75」で終え、3オーバー77位で2日目に入る。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!