ニュース

国内男子ゴルフパートナー PRO-AMトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大槻智春とノリスが「60」で首位発進 国内初のプロアマ形式はロースコア連発

◇国内男子◇ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント 初日(20日)◇取手国際GC(茨城県)◇東コース6804yd、西コース6531yd(ともにパー70)

国内ツアー初のプロとアマチュアが同組で回るプロアマ形式の大会が開幕。アマチュアが同じコースをプレーする分、米ツアーでも同様の形式ではスコアが出やすいセッティングとなる傾向があり、初日からロースコア連発の伸ばし合いが展開された。

<< 下に続く >>

大槻智春ショーン・ノリス(南アフリカ)が「60」のロケットスタート。10アンダーで首位を譲らず飛び出した。9アンダー3位でトッド・ペク、8アンダー4位で額賀辰徳が続いた。

亀代順哉アンジェロ・キュー(フィリピン)が東コースを回った選手で最上位となる7アンダー5位タイ。梅山知宏杉本エリックと並んでいる。

石川遼は西コースで1イーグル4バーディ、2ボギーの「66」。4アンダーは今季1勝の岩田寛らとともに25位。

予選2日間は全選手が東コース、西コースを1日ずつプレー。決勝ラウンドは東コースのみを使用する。星野陸也金谷拓実チャン・キムの賞金ランキング上位3人は海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」参戦のため出場していない。

<上位成績>
1T/-10/大槻智春(西)、ショーン・ノリス(西)
3/-9/トッド・ペク(西)
4/-8/額賀辰徳(西)
5T/-7/亀代順哉(東)、アンジェロ・キュー(東)、梅山知宏(西)、杉本エリック(西)
9T/-6/堀川未来夢(東)、手嶋多一(西)、久常涼(西)、内藤寛太郎(西)、チョ・ミンギュ(西)、リチャード・ジョン(西)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!