ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

地元出身の武藤俊憲が単独首位! 石川遼は54位タイ発進

国内男子ツアーのメジャー初戦「日本プロゴルフ選手権」が15日(木)、群馬県のレーサムゴルフ&スパリゾートで開幕した。メジャー初日に相応しい快晴に恵まれ、気温も正午以降グングン上昇。最高気温は22度を越える暑さとなった。

初日に単独首位に立ったのは、8バーディ、ノーボギーの「64」を叩き出した地元群馬県出身の武藤俊憲。「このコースが出来た時からまわっていますからね」と言う武藤は、高校時代に合宿でこのコースを使用していたこともあり、グリーンや攻略ルートを知り尽くしているという。地元の強みを活かし、これ以上ない素晴らしいスタートを切った。

5アンダーの2位タイには、2003年大会のチャンピオン片山晋呉と、「アプローチとパターが良かった」という丸山大輔。共に5バーディ、ノーボギーでラウンドし、好調をうかがわせる内容となっている。4アンダーの単独4位には、韓国の李丞鎬が飛び込んだ。

プロ初メジャーを迎えた石川遼は、12時35分に10番ティからスタート。前半はショットが好調だったものの、バーディパットをことごとく外し、1バーディ、1ボギーのイーブンパーで終える。ところが「後半の2番からスイングスピードが無くなってきた」という石川は、ここからティショットの乱れが目立ち始める。前半はフェアウェイキープ率5割を超えていたが、後半はことごとく左右のラフへ。すると4番パー4でダブルボギー、6番パー4でボギーを叩き、一時は予選通過圏内を大きく外れる3オーバーまで急落した。しかし、8番パー5で1.5メートル、最終9番パー4で4メートルのバーディパットを沈め、2連続バーディフィニッシュ。1オーバーの54位タイまで浮上し、初日を終えた。

また、谷口徹尾崎将司も1オーバーの54位タイ。ディフェンディングチャンピオンの伊澤利光は、16ホール終了後に左手親指腱鞘炎のため棄権している。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。