ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は42位タイ!首位は宮里聖志と高橋竜彦

国内男子ツアー第3戦「中日クラウンズ」が、愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開幕。気温22.9度、風も穏やかなゴルフに最適な環境となったが、スコアと順位がめまぐるしく変わるラウンドとなった。

早い時間にスタートした選手の中でスコアを伸ばしたのは上田諭尉。15番から3連続バーディを奪い6アンダーまで伸ばしたが、最終18番でトラブル。ティショットを右に曲げ、打ち直しは左。このホールトリプルボギーとし3アンダー3位タイに後退。16番パー4でイーグルを奪った久保谷健一も、17番、18番で連続ボギーを叩き2アンダー9位タイに後退してしまった。

後半の難しいホールを無難にまとめた宮里聖志高橋竜彦が4アンダーで首位に立った。1打差の3アンダー3位には上田、C.プラポールS.K.ホ中嶋常幸今野康晴、W.リャンの6人。さらに2アンダー9位タイには谷原秀人など10人が集団を形成している。

昨年の約2倍、8,042名の大ギャラリーが注目した石川遼は、4バーディ、5ボギーの1オーバー42位タイ。ホールアウト後、15番ホールでスイングした際、クラブが触れた木から何かが落ちたとビデオ判定まで行われたが、問題は発覚せず「失格」という事態は逃れた。

石川と同組でラウンドしたジャンボ尾崎は4オーバー82位タイ、同じく深堀圭一郎はバーディを1つも奪えず5オーバーの91位タイと大きく出遅れてしまった。また招待選手のタッド・フジカワは3アンダーまでスコアを伸ばしたが、結局1アンダー19位タイ。北アイルランドのロリー・マキロイは石川と同じく1オーバー42位タイとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。