ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

岩田寛が首位発進 今平周吾は17位

◇国内男子◇マイナビABC選手権 初日(31日)◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7200yd(パー72)

2015年「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」以来となるツアー3勝目を目指す岩田寛が7バーディ、ノーボギーの「65」でプレー。7アンダーでウォンジョン・リー(オーストラリア)と並び首位発進を切った。

岩田は「ティショットはそんなに良くなかったし、内容も特別に良い感じはしない」とプレーへの評価は芳しくなかったが、好スコアの要因に挙げたのが「長いパットが3つくらい入った」というグリーン上だ。

前半6番(パー5)では10m、続く7番で8mのバーディパットを決めると、16番(パー3)では約20mをねじ込んで6つ目。最終18番(パー5)は2mのチャンスを決めて締めくくり、6月「ダンロップ・スリクソン福島オープン」以来の首位発進につなげた。

1打差の6アンダー3位にカン・キョンナムY.E.ヤンハン・ジュンゴン(いずれも韓国)の3人が続いた。

5アンダー6位にキム・ヒョンソン(韓国)、デービッド・ブランスドン(オーストラリア)、香妻陣一朗の3人。4アンダー9位グループに出水田大二郎片山晋呉ら8人が並んだ。

賞金ランキング2位の今平周吾秋吉翔太稲森佑貴らと並び3アンダー17位に入った。小平智と前年覇者の木下裕太は1アンダー39位で初日を終えた。

72歳の尾崎将司はアウトコースから出て、16番ホールを終了後に腰痛のために棄権した。

<上位の成績>
1T/-7/岩田寛ウォンジョン・リー
3T/-6/カン・キョンナムY.E.ヤンハン・ジュンゴン
6T/-5/キム・ヒョンソンデービッド・ブランスドン香妻陣一朗
9T/-4/出水田大二郎片山晋呉宮本勝昌 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。