ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今平周吾が単独首位 藤田寛之ら2位浮上

2019/10/11 14:53


◇国内男子◇ブリヂストンオープン 2日目(11日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース (千葉)◇7119yd(パー71)

単独首位から出た今平周吾が4バーディ、連日のノーボギーにまとめる「67」で回り、通算11アンダーでその座をキープ。後続に1打差をつけて予選ラウンドを通過した。

12日(土)の大会3日目は台風19号の接近を警戒して中止となり、同日の会場は閉鎖される。競技は54ホールに短縮され、13日(日)に最終ラウンドを実施する予定だが、台風通過後のコース状況によっては現在までの36ホールで競技が成立し、この日のリーダーボードが最終順位になる可能性がある。

賞金ランキング2位で今季初勝利を追う今平も状況を頭に入れていた。「もしかしたらきょうで終わってしまうかもしれないので、しっかりやらないといけないと思っていた」。首位タイで迎えた最終18番(パー5)で他選手のスコアを確認し、「最後は抜けたかった」と2オン2パットで単独トップとなるバーディを奪取。「このまま優勝でもうれしい」と言いつつ、「大会としては3日間やって優勝者が出るほうが盛り上がる。最終日もやりたい」と気持ちは引き締まったままだった。

通算10アンダーの2位にスンス・ハン(米国)、貞方章男藤田寛之大槻智春の4人。貞方はこの日ベストスコアの「63」、藤田と大槻も「64」と伸ばして首位争いに加わった。

ともにアマチュアの砂川公佑(大阪学院大3年)と清水大成(日大3年)が通算8アンダーの6位とし、首位に3打差で決勝ラウンドに進んだ。

23位スタートの石川遼は1イーグル4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」とし、通算5アンダーの26位に後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。