ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

チャン・キムが暫定首位 石川遼は3打差6位

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 初日(5日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71)

濃霧の影響でスタートが1時間遅れ、出場選手119人(棄権のぞく)のうち3人がホールアウトできないまま、午後6時12分に日没サスペンデッドが決定した。

<< 下に続く >>

ツアー通算3勝のチャン・キム(米国)が7バーディ、1ボギーの「65」でプレーし、6アンダーの暫定首位に立った。

「キャリーが出るので、ほかの選手よりもアドバンテージを感じる」と難関5番(535yd、パー4)でバーディを奪うなど、屈指のロングコースで“飛ばし屋”の本領を存分に発揮した。「バーディチャンスを逃すこともあったけど、全体的には良かった」と振り返った。

5アンダー暫定2位に51歳の谷口徹A.キュー(フィリピン)。4アンダー暫定4位に市原弘大T.ペク(米国)が並んだ。

2009、10年大会覇者で9年ぶり3度目の大会優勝を目指す石川遼は6バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」でプレー。今季3勝目に向けて3アンダー暫定6位で初日を終えた。

前年覇者の星野陸也と2週連続優勝を目指す比嘉一貴はイーブンパーの暫定32位とした。

順延となった第1ラウンドは、あす6日午前6時45に再開し、第2ラウンドは同7時15分開始を予定する。

関連リンク

2019年 フジサンケイクラシック



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!