ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

34歳・額賀辰徳が逆転でツアー初優勝 松山英樹は46位

2018/11/11 14:48


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日(11日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262 yd(パー70)

首位と3打差の3位から出た額賀辰徳が1イーグル4バーディ、2ボギーの「66」でプレー。54ホールに短縮された大会を逆転で制し、ツアー初優勝を挙げた。

過去4度(2009、10、12、15年)で平均飛距離1位の記録を持つ34歳の飛ばし屋が、プロ転向後13年、166試合目にしてようやくつかんだ初優勝。今季の初優勝者は13人目となり、これは1973年のツアー制度施行後、歴代2位に並んだ。(※)

通算7アンダーの2位にキム・スンヒョグ(韓国)。通算6アンダーの3位に首位スタートの秋吉翔太、前週「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」覇者のショーン・ノリス(南アフリカ)、藤本佳則ハン・ジュンゴン(韓国)が入った。

賞金レースのトップを走る今平周吾は3アンダー12位タイ。松山英樹は「74」と落とし、通算4オーバーの46位で終えた。

競技短縮により、賞金加算は75%に減額される。

(※)年間最多ツアー初優勝者数
16人:1981年(プロとして初優勝した倉本昌弘を含む)
13人:1985年(ジュンクラシックの同時優勝者3人含む)、2018年
12人:1975年

<上位成績>
優勝/-9/額賀辰徳
2/-7/S.H.キム
3/-6/秋吉翔太S.ノリス藤本佳則黄重坤
7T/-5/池田勇太張棟圭朴相賢
10/-4/藤田寛之李尚熹

関連リンク

2018年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~