ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

「まるでウッズ」松山英樹が魅せた週末

2018/11/11 20:35


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日(11日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262 yd(パー70)

前日までの雨は上がり、澄んだ空気の先に時折、富士山が顔をのぞかせた最終日。昨年比3613人増となる8689人のギャラリーの視線の先には、松山英樹がいた。だが、期待に胸を膨らませた彼らがこの日に目撃したのは、不調にあえぐ松山の姿だった。

力強いスイングに漏れるギャラリーの感嘆の声とは裏腹に、球は松山の意図しない方向へと飛んでいく。「練習場ではすごく良いのに、コースだと違うとなると、やっていることが間違っているということ」と、ラウンド中に懸命にきっかけを探したが、答えは見つからないまま。この日は2バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「74」と、通算4オーバーへスコアを落とし、46位で大会を終えた。

だが、最終日に同組でプレーした藤田寛之はそんな松山をフォローした。「調子自体は良くないのだろうが、ポテンシャルは日本でプレーをしていた時よりもすごいものになっている。きょうは全ショットを一番の特等席から見させていただいた」という。「昨日、上り1mのパットを外したけど、(同組になれたので)外して良かったと思えるくらい」と絶賛した。

約1年ぶりに日本でプレーした松山効果で、1週間の来場者数は前年よりも7398人増え、過去4年で最多となる2万1285人を記録した。その中には、ギャラリーと同じピンクのリストバンドをしたPGAツアーのスタッフも混じっていた。

「ギャラリーと同じ体験をしながら、松山を見たかった」。大ギャラリーの波の中、並んで歩いていた彼は「まるでタイガー・ウッズがプレーしているみたいだ」と、ぽつりつぶやいた。(静岡県御殿場市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。