ニュース

国内男子トップ杯東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉が首位キープ 4打差3位に池田勇太

2018/09/28 16:37

◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 2日目(28日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇7330yd(パー72)

首位から出た片山晋呉が6バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算12アンダーで単独首位を守った。ジュビック・パグンサン(フィリピン)が3打差2位につけた。

後ろを振り返ることなく、片山は初日に築いたリードをひとつひろげた。出だし10番で4mを決めたバーディを手始めに、イン・アウトともに「34」をマーク。「きょうもきのうと変わらず全体的に良かった。プロアマの日に『これで大丈夫だろうな』というのがあって、(試合で)つかむものがあった」。2日間で奪ったバーディ数14は全選手中トップだ。

パッティングではアドレス後にバックスイングを取らず、インパクト後のフォローの動きだけで押し出す練習を繰り返している。「“転がす”というイメージだけ。先週くらいから」と充実の表情を浮かべた。6月の「日本ツアー選手権森ビル杯」プロアマ戦での問題による離脱から、ツアー復帰後5戦目。「僕は現状維持が好きじゃない。毎日、年をとっていくので」と前を向きながら、通算32勝目のチャンスを手にした。

2週連続優勝を目指す池田勇太が4バーディ、ノーボギーの「68」でプレーし、ウォンジョン・リー(オーストラリア)とともに通算8アンダー3位。大槻智春重永亜斗夢竹内廉ソン・ヨンハン(韓国)、リュー・ヒョヌ(韓国)、アンジェロ・キュー(フィリピン)の6人が通算7アンダー5位とした。

大会連覇を目指す小平智は通算5アンダー16位、賞金ランクトップの今平周吾は通算4アンダー22位。石川遼は4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「72」と伸ばせず、通算2アンダー32位とした。

尾崎将司は通算17オーバー105位で予選落ちに終わった。

<上位成績>
1/-12/片山晋呉
2/-9/ジュビック・パグンサン
3T/-8/ウォンジョン・リー池田勇太
5T/-7/大槻智春重永亜斗夢竹内廉ソン・ヨンハンリュー・ヒョヌアンジェロ・キュー
11T/-6/稲森佑貴藤田寛之浅地洋佑木下裕太デビッド・オー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。