ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ピーターソンが日亜初V 小平は2週連続の2位 宮里5位

2018年 レオパレス21ミャンマーオープン 最終日 ポール・ピーターソン
日亜初制覇を決めたポール・ピーターソン ※画像提供:アジアンツアー【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 P.ピーターソン -13 271
2 小平智 -11 273
2 池村寛世 -11 273
4 B.ヘンソン -10 274
5 R.ワナスリチャン -9 275
5 S.ノリス -9 275
5 宮里優作 -9 275
8 小鯛竜也 -8 276
8 川村昌弘 -8 276
10 S.ビンセント -7 277

スコア詳細を見る

◇国内男子&アジアン◇レオパレス21ミャンマーオープン 最終日(28日)◇パンラインゴルフクラブ (ミャンマー)◇7103yd(パー71)

3位で出たポール・ピーターソン(米国)が1イーグル6バーディ、3ボギーの「66」でプレー。通算13アンダーで逆転し、日本とアジアンツアーの初優勝を挙げた。29歳のレフティで、欧州ツアー1勝(2016年「チェコマスターズ」)の実績を持つ。

2打差の通算11アンダー2位に、8バーディ、ボギーなしのコースレコード「63」と猛追した小平智と、「67」で回った池村寛世が続いた。小平は前週の開幕戦「SMBCシンガポールオープン」に続く2週連続の2位。

首位と1打差の2位から出た宮里優作は序盤に単独首位に立ったが、後半2度のダブルボギーを喫するなど「71」にとどまり通算9アンダー。ショーン・ノリス(南アフリカ)、ラタノン・ワナスリチャン(タイ)と並んで5位に終わった。

通算8アンダーの8位タイに、川村昌弘小鯛竜也が並んだ。

<主な上位成績>
優勝/-13/ポール・ピーターソン
2T/-11/小平智池村寛世
4/-10/ベリー・ヘンソン
5T/-9/宮里優作ショーン・ノリスラタノン・ワナスリチャン
8T/-8/川村昌弘小鯛竜也


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~