ニュース

国内男子Hitachi 3Tours Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

今年の最強ツアーは? 最多6勝のJGTOが連覇を狙う

◇国内ツアー対抗戦◇Hitachi 3Tours Championship 事前情報◇グリッサンドゴルフクラブ(千葉県)◇3658yd(JGTO)、3496yd(PGA)、3206yd(LPGA)=9ホール(パー37)

国内男子(JGTO)、国内女子(LPGA)、国内シニア(PGA)による3ツアーの対抗戦は、今年で13回目の開催。前年はJGTOが3年ぶりに制し、通算6回目の優勝を飾った。LPGAが4勝、PGAが2勝で続き、この4年間はJGTOとLPGAが2勝ずつを分け合う展開だ。

今年は3ツアーとも賞金タイトルを獲得した宮里優作鈴木愛プラヤド・マークセン(タイ)がそろい踏み。3回目の出場となる小平智は、前年MVPに輝くなどチームの優勝に大きく貢献した。大会連覇に向けて今年もJGTOの中核を担う。

LPGAはキム・ハヌルイ・ミニョン(ともに韓国)、川岸史果の3人が初出場というフレッシュなメンバー構成。PGAは2012年以来のタイトル奪還を狙う。

競技はダブルスのマッチプレー戦で、2ステージ制で実施する。午前は2人がそれぞれのボールでプレーし、良かった方のスコアを採用するフォアボール。午後は1つのボールを交互に打ち合うフォアサムで行い、各マッチの勝敗によって振り分けられるポイントでタイトルを競う。

【国内男子ツアー】 ※10月29日終了時点の賞金ランク上位3人
小平智宮里優作池田勇太、(以下推薦)今平周吾片山晋呉リュー・ヒョヌ

【国内女子ツアー】 ※10月29日終了時点の賞金ランク上位3人
キム・ハヌル鈴木愛イ・ミニョン、(以下推薦)上田桃子川岸史果成田美寿々

【国内シニアツアー】 ※11月4日終了時点の賞金ランク上位3人
プラヤド・マークセン米山剛室田淳、(以下推薦)清水洋一井戸木鴻樹秋葉真一

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 Hitachi 3Tours Championship




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。