ニュース

国内男子全日空オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

倉本惜しくも2位。優勝はカルロス・フランコ

真板潔細川和彦も走り続けることはできなかった。逆転優勝を飾ったのはパラグアイのカルロス・フランコ。「この風の中、68というスコアは上出来だ」という5バーディ1ボギーの追い込み。「17番で佐々木選手がならんでいるのはわかっていたが、彼はこれ以上伸びないと思って」冷静に自分のプレーに集中。もしチャンスがまわってくれば米国でプレーしたいという。

2位に上がった倉本は「このところ秋の陣をむかえるのに調子もあがってきたし、ジャパンオープンにむけてがんばります」と好調宣言。
ちなみにジョン・デーリー。6番ホールでは5オン2パットの7を叩き「フラストレーションのたまるラウンドだった。道具の問題だと思う。合うドライバーとボールが見つからない」とコメント。

関連リンク

1996年 全日空オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~